東京都の家庭教師情報

東京都の「個人契約の先生募集情報」・「個人契約の教師募集情報」・「派遣会社のバイト募集情報」「派遣会社の生徒募集情報」を掲載しています。

東京都の生徒募集(主な派遣会社の一覧と比較)

東京都で生徒を募集している主な派遣会社は、東京都の家庭教師派遣会社の一覧と比較のページをご覧ください。各社の料金・サービス内容を比較・検討できます。

20年以上の家庭教師のポータルサイト運営で、「業界の裏の裏」まで知り尽くしている当サイトが、本音で家庭教師派遣会社を比較・コメントしています。

東京都の教師募集(派遣会社登録・バイト)

東京都で登録者・アルバイトを募集している派遣会社の求人情報は、東京都の家庭教師センターのバイト募集情報のページをご覧ください。複数の家庭教師派遣会社へのアルバイトの一括登録が可能です。

紹介案件が豊富な大手センターへの簡単「一括登録」で、早く家庭教師のお仕事がみつかります!家庭教師のバイト先を早く探したい方は、是非ご利用下さい。↓家庭教師派遣会社のバイト募集と一括登録↓

家庭教師バイト募集と一括登録
バイト募集と一括登録

東京都で先生を募集している家庭教師センター

東京都で家庭教師の先生(アルバイト講師及びプロ講師)を募集している以下の家庭教師センターに登録・応募ができます。複数社への同時一括登録にも対応しています。

応募可能な家庭教師センター

応募・登録する

東京都の教師募集(個人契約)

「家庭教師の総合情報」の教師募集掲示板には、東京都内の講師募集情報が日々沢山掲載されています。

<生徒をお探しの方へ>
東京都内の「求人情報」及び周辺県の「求人情報一覧」は、「教師募集掲示板の求人一覧」をご覧ください。

<教師をお探しの方へ>
掲載料・紹介料・利用料など一切無料です。利用方法・利用規約・掲載方法はこちらをご覧ください。

東京都の生徒募集(個人契約)

教師の方・生徒の方ともに利用料・紹介料など一切無料でご利用いただける個人契約の生徒募集掲示板です。

東京都の生徒募集掲示板に投稿されている市区町村別の先生一覧は、以下の各市区町村のページからご確認ください。

先生に聞いてみました!

質問:個別指導塾と比べて家庭教師の方が良いと思う点は?

「環境面」と「教師とのコンタクトのとりやすさの面」で家庭教師のほうが優れていると思います。塾などのほかの生徒さんが多くいる環境のほうが勉強しやすい生徒さんもいれば、家のように落ち着いた環境のほうが勉強しやすい生徒さんもいます。後者の生徒さんにとっては、自宅で学べる家庭教師のほうが圧倒的に落ち着けるはずです。また、家庭教師は塾とは違い教師と直接連絡が取れるので、急な変更や今後の要望について対応してもらいやすいと思います。

家庭教師の方が時間や指導スタイルに融通が聞くと思います。夜遅くに少しだけ、テスト前に普段より長くなど、ニーズに合わせて柔軟な対応ができると思います。

質問:個人契約が派遣会社利用に比べて良いと思う点は?

「コスト面」が一番の違いになると思います。派遣会社での利用ではどうしても仲介料が必要になってしまうので、同じ教師の方をつける場合でも必然的に派遣会社のほうが高くなってしまいます。よく言われる「指導力の担保」についてはどちらも一概には言えません。

手数料がなく、料金が安いことです。また、個人契約の場合は直接お金のやり取りがありますので、家庭教師としても責任感を持ちやすく、指導の質が保たれると思います。

質問:個人契約が派遣会社利用に比べて悪いと思う点は?

教師変更などを視野に入れている場合は、派遣会社のほうが便利な場合があります。「○ヶ月以内なら変更代金が割引or無料」というところもあるようですので、お子さんにあう教師を何度か探し続けたいという場合にはそのようなサポートのある派遣会社を利用するのが良いでしょう。

トラブルが生じた際に、どう対処するのかが明確でないことです。生徒と教師の間で、積極的なコミュニケーションをはかり、意思疏通のズレがないように一段と気を配る必要があると思います。

家庭教師バイトの体験談

高額教材販売会社での家庭教師バイトは、さけた方がよい

東京都の「tomozo.stbass」さん

大学時に短期間の家庭教師アルバイトをしておりました。街中にある小さな事務所に登録し連絡を待つ、というような流れでした。他のアルバイトもしていましたので、登録したことを忘れかけてたある日突然連絡が来まして、電話口で住所と交通ルートを書き留め、指定された日時にそのご家庭に出向きました。

駅からバスを乗り継いで到着しましたが周囲はとても閑散としており、不安一杯でした。家のチャイムを押すと、中学1年生の女の子と母親が出迎えてくれましたが、二人とも疑心暗鬼の様子で、部屋に入るも母親の表情がとても曇っていました。そして、「前任者はすぐ辞めてしまったけど、あなたは大丈夫よね?高い教材を買わされているのだから、そこらへんはちゃんと指導してもらわないと。」と母親から小言を言われ、勉強部屋の片隅でじっと私が指導する様子を観察されておりました。私は「高額な教材」を買わされていた事も前任者がいた事も事務所の方から知らされておりませんでして、なんだかとても騙された気持ちになり、家庭教師のアルバイトとして出向いたのはこの日だけとなりました。

後日事務所にこの事を話し、辞める事を話したところ、担当者は給与は後日取りに来てください、と冷たい対応。感じ悪かったので、給与は取りに行っておりません。家庭教師のバイト登録する前にどのような会社かしっかりと調べることも必要ですね。家庭教師のバイト登録をするなら、こちらのサイトのような「高額教材会社が除外されているサイト」を利用したほうがよいでしょう。

教え子と一緒に成長する家庭教師

東京都の「saori.ym」さん

私は大学2年生のときから大学を卒業するまで家庭教師のアルバイトをしていました。教え子は当時中学2年生(私が大学を卒業するときは高校1年生)の女の子でした。教え始めたときは成績が学年のちょうど真ん中くらいで、しばらくそこから上がりも下がりもしませんでした。自分自身が一人っ子なので、どのように接したら良いのかわからず最初のうちは緊張しましたが、教え子にちょうど私と同じくらいの年齢のお姉さんがいたためかすぐに打ち解けて話しやすくなりました。

家庭教師を頼む場合、勉強の内容そのものよりも勉強への取り組み方がわからない場合が多いとよく聞きますが、私自身も「勉強の仕方がわかったり、宿題をやることを習慣づけてしまえば勉強はそこまで苦じゃなくなる」と思っていたので、教え始めた当初は、ご家庭が用意されたテキストもありましたが、学校の宿題を一緒にやったり、家庭教師である私が来ない日に、学校から帰ったらどういうスケジュールで過ごしているか、何時頃なら宿題をする時間にあてられそうか、など教え子と話し合って勉強しやすくするための「作戦会議」をしました。

勉強する習慣がついたおかげか彼女の成績は少しづつ上がり、高校は第一志望の特進科へ入学することができました。高校生になったら友人関係や恋愛の悩みを聞くこともあり、教え子が人として成長しているのがわかって私はとてもうれしい気持ちになりました。